近弁連シンポ「広域避難者の安定した住宅保障はどうあるべきか」

9月6日、大阪弁護士会館2階ホールにおいてシンポジウム「広域避難者の安定した住宅保障はどうあるべきか~日弁連第57回人権擁護大会プレシンポジウム~」(主催:近畿弁護士会連合会)開催されました。
滋賀県内避難者の会からも会員の方が~避難者の住宅施策に関する実情とニーズ 近畿各地の避難者からの発言~にて意見を述べました。

和歌山の金原弁護士が、ブログに記事をまとめてくださいましたので紹介します。
http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/40052454.html