防災イベント開催のお知らせ

20140906_hemus

日時:9月6日(土) 午前9時~午後3時
場所:ことうヘムズロイド村 〒527-0102 滋賀県東近江市平柳町568
主催:滋賀県内避難者の会、後援:滋賀県

事業の内容

1. 記憶の伝承・被災時の体験を伝える

  1. 震災発生から現在までの経験を伝える交流会① 震災から現在までの様々な体験を伝える。
    ② 広域避難の現状を伝える。

    非常袋の基礎知識
    災害時必要な物、それで大丈夫ですか?(仮)
    災害時備えておくべき備品等についての講習会

  2. 震災時の体験教室避難所での生活体験
    体育館での避難所生活体験
    避難所食事づくりなどの体験や非常食体験
    HUG(避難所運営ゲーム)を使った仮想体験(内容は今後変更があります。)

    東日本大震災と福島第一原発事故により、福島県や周辺地域から滋賀県に避難し4年目を迎えました。3.11を例にすれば二次更に三次災害による被害の拡大も懸念されるなか、災害発生時どのようなことが起きるのかを考え、どのように備えるのかが重要になります。
    自分達の体験や経験を伝えることで防災、減災についての意識が育まれ災害発生時の被害減少に繋がれば、これまで支援していただいた滋賀県の方々に対する感謝の一つとなるのではないでしょうか。
    又、家族の安全、という共通のテーマによる交流は、より地域に溶け込むきっかけづくりとして最適ではないでしょうか。

    ぜひお気軽にお越しください。

ヘムズロイド村は東近江市誕生前の旧湖東町の姉妹都市、スウェーデン・レトビック市で手工芸が盛んなことから、スウェーデン語で「手工芸」という意味の「ヘムスロイド」と名付けられました。
磐梯山の麓とよく似た景色の大自然に囲まれたこのヘムスロイド村には 5棟の工房があり、それぞれ創作活動が行われています。村内は自由に散策いただけます。

ことうヘムズロイド村 http://www.koto-hems.com/